指導方針

ノザキ塾の指導方針について

所在地

〒513-0801
三重県鈴鹿市神戸5−12−48*
電話:059-382-0139
*面談のみ行います

沿革

1983鈴鹿市にて、小・中学生を対象に開塾 
1988高校生向けの授業を開始
2004インターネットでの指導を開始 
2006三重県の予算による、県内初の試み三重県立白子高校との「高塾連携」に「KSK進学塾」「教育サプライ」と共に参加
2011オンラインテスト開発
2015在籍した塾生1500人を突破
2020インターネット専業の学習塾にリニューアル 

代表プロフィール

野崎 大海

鈴鹿高校卒、早稲田大学卒業。
予備校講師、教務、翻訳業などを手掛けたのち、ノザキ塾・代表に。

教務として講師の指導プログラム作成、データ分析、テキスト作成など広く手掛けてきた。

指導した生徒たちのデータから読み取れる「習得コスト」について、強く関心を持つ。
「成績上位の受験生に共通する特徴」「成績下位の受験生の特徴」から、「学習する順番」「睡眠の重要性」などに気づき、「可処分時間が受験生の合格の鍵」ということを理解した。

また、科目選択などの「戦略レベル」の失敗を「戦術レベル」で取り返すことは不可能であると痛感したことにより、「学習計画」を重視するようになる。

そして、「学習計画」を機能させるために必要な「記録」について、「生活記録までを精査しなければ、学習計画は実現できない」という結論に達したことから、塾生すべてに対して365日の生活記録をオンライン上で記入し、声掛けを行うことを続けている。